なびくるでは本当に47秒で査定申し込みができる?

MENU

なびくるでは本当に47秒で査定申し込みができる?

「なびくる」の宣伝広告を見ると、47秒で一括査定依頼が完了できることを売りの一つにしています。確かに「なびくる」での依頼の方法はとても簡単です。

 

まず車両情報として、査定してもらいたいクルマの「メーカー名」「車種名」「年式」「走行距離」を記入します。

 

走行距離は常日頃から意識していないと、一度クルマに戻って確かめてこなければならないかもしれません。

 

ただ1万キロ単位での選択なので、細かな数字を覚えている必要はありません。たとえば56700キロを走行しているクルマであれば、6万キロ以下のボタンをクリックすればOKです。

 

次に個人情報として「名前」「電話番号」「郵便番号」「住所」「メールアドレス」を記入します。

 

電話番号を入力しなければならないということで、「なびくる」の利用に抵抗を感じる方もあるかもしれませんが、あとから査定の依頼が電話でかかってくることがあるので大事です。

 

査定してもらって話を進めていけば、車を売る流れになります。「なびくる」では、以上のような車両情報及び個人情報を記入するわけですが、スムーズに記入できれば47秒程度で完了することでしょう。

 

もちろん、間違えることのないように慌てないでゆっくり記入してもかまいません。47秒以上かかったとしても、「なびくる」項目数自体は少なめなので、簡単に入力が完了できます。